扁桃腺炎 手術 費用 期間

扁桃腺炎の手術を受けるなら、費用や期間はどれくらいかかる?

スポンサーリンク

風邪をひいたり、体力が落ちている時に発病しやすい扁桃腺炎。
激しいのどの痛みに38度を超える高熱、倦怠感など、発症するととても苦しく、つらい病気です。
多くの場合、扁桃腺炎の治療は薬によって行われますが、中には手術が必要な例もあります。
扁桃腺炎の手術にかかる費用や期間はどれくらいなのか紹介します。

 

 

【慢性扁桃腺炎には注意が必要】
扁桃腺炎には突発的に起こる急性のものと、年に何度も発症を繰り返す慢性扁桃腺炎があります。
慢性扁桃腺炎をそのまま放置していると、腎臓の病気や関節リウマチなどに発展することもあるため手術を勧められることがあります。
手術では扁桃を摘出することになります。

 

 

【手術にかかる期間はどれくらい?】
扁桃腺炎の手術には麻酔が使用されることや、術後の安静が必要なため1週間から9日程度の入院が必要になります。
しかし、術後に出血が酷い場合や回復が遅い場合には入院期間が更に延長される可能性もあります。
大袈裟に感じるかもしれませんが、扁桃腺は口を開くと剥き出しになる部分のため感染症への注意が必要な箇所である点に加え、唾を飲み込む時や呼吸をする時にも動く場所であるため術後も激しい痛みが伴うことからこれくらいの期間の入院が必要になります。

 

スポンサーリンク

【治療にかかる費用はどれくらい?】
扁桃を摘出する場合、入院する期間によって大きく費用は変わってきます。
一般的な期間である1週間から9日程度の入院であれば10万円〜15万円程度と見ておけばよいでしょう。
しかし、回復に時間がかかったり出血するなどで入院期間が延びるとそれだけ金額は上がります。
最低でも診察料、検査費用、手術費用、入院費用が必要になります。
また、扁桃摘出手術は保険が適応されます。

 

 

扁桃腺炎による扁桃摘出手術にはそれなりの期間と費用が必要になります。
また、術後は痛みやのどの違和感も大きく、食べ物を飲み込めなかったり声が出にくくなったりします。
退院後もしばらくはのどの違和感が続くため、1カ月くらいは様子を見ながら安静に過ごすほうが良いでしょう。

スポンサーリンク