扁桃腺炎 症状 前兆

つらい扁桃腺炎の症状が出てくる前兆について

スポンサーリンク

扁桃腺炎は喉の痛みや発熱などを伴う、辛い症状の病気として知られています。
身体の免疫力が下がっている時にかかりやすい病気です。
風邪と間違えやすいため、前兆を見極めるのは難しいかもしれません。

 

 

【高熱と喉の痛みなどで苛む扁桃腺炎】
扁桃腺炎、もしくは扁桃炎は、喉の奥にある扁桃という器官が細菌などによって腫れる病気です。
急性の時には、唾さえ飲めなくなるとまで言われるほどの喉の痛みや、高熱などの症状が出てくる場合もあります。
扁桃腺の症状が軽い場合でも、腎臓や皮膚などに影響が出る、病巣性であるケースも考えられるため、油断はできません。

 

 

【風邪などの病気が前兆になる事も】
健康な状態なら発病することはほとんどないですが、免疫力が低下していると話は別です。
風邪などの病気を患っていたり、高齢で体が弱っていると、常在菌や外部からのウイルスなどによって発症してしまいます。
病気などが前兆になりかねないため、病気の最中に喉が痛み出したら、扁桃腺炎と疑うべきかもしれません。

 

スポンサーリンク

【風邪によく似た初期症状】
扁桃腺炎で高熱や喉の激痛などの強い症状が出る前兆として、喉の腫れと痛みが挙げられます。
急性扁桃腺炎が悪化した症状ほどではないにしても、放置すればその後悪化していきます。
重症化する前に治療したいのであれば、喉の風邪だと思っても大事をとって病院で診断を受けた方が良いでしょう。

 

 

【前兆がある前から対応を】
扁桃腺炎の前兆を疑った時点で、有効な対応策は耳鼻科などの受診です。
状況によってうがい薬や抗生剤、鎮痛剤などが処方されます。
また、前兆がある前から予防に努めるのも効果的です。
適切な栄養摂取やうがいを習慣づけることをお勧めします。

 

 

扁桃腺炎は発熱や痛みの他にも、重い症状が出ることもある病気です。
風邪などが原因となる場合もあるため、初期症状を見逃さないようにし、然るべき対応をとりましょう。
早めの受診や日頃の予防を心がけましょう。

スポンサーリンク