扁桃腺炎 熱 下げる 方法

扁桃腺炎の際に無理なく熱を下げるための適切な方法

スポンサーリンク

扁桃腺炎になってしまった場合、その症状として発熱がつきものです。
体温が高くなることは必要な機能ですが、あまりに高いと辛い症状をもたらします。
体温を下げる方法を実施する時は、適切な方法によって適度に下げる事を心がけましょう。

 

 

【体温が非常に高くなる急性扁桃腺炎】
扁桃腺炎は普通の風邪とは違います。
リンパ器官の一種であり、喉の奥に位置する扁桃の病気です。
細菌などによって扁桃が腫れあがり、多くの場合は、高熱と強い痛みなどを伴います。
扁桃腺炎には急性と慢性があり、急性扁桃腺炎では40度まで体温が上がります。

 

 

【身体の防衛には必要な反応】
扁桃腺炎に限らず、発熱は誰もが辛い症状です。
しかし、体温の上昇は防衛機能の一つであり、病原体の機能を低下させて、防衛機能を向上させる恩恵があります。
病気を治すためには欠かせない反応と言えるため、無理に妨げると病気の回復が遅くなる可能性があります。

 

スポンサーリンク

【医者と相談して適度な解熱を】
また、体温が高すぎると不快であることも事実です。
脳の機能に影響する脳炎など、併発している病気などによっては、後遺症が残る場合もあります。
扁桃腺炎で耳鼻科などを受診する際に、どの程度の体温に至ったら下げるための措置を行うべきか聞いた上で、適切な方法を選択してください。

 

 

【熱を下げるためにできる方法】
体温を下げる方法は、処方薬や漢方を含めた市販の解熱剤が代表的でしょう。
使用の際は処方時の指示や説明書をよく読んで、適切に飲まなくてはなりません。
特に市販薬では年齢次第では使えない成分が含まれているため、注意する必要があります。

 

 

扁桃腺炎は扁桃が腫れ、高熱が出る病気です。
特に急性扁桃腺炎は、非常に体温が高くなります。
しかし、病気を治すためには必要な反応なため、無理に何らかの方法で熱を下げるべきではありません。
それでも熱を下げる時は、処方薬を使用するなど、医師と相談した上で適切な方法をとることをお勧めします。

スポンサーリンク