虫歯 扁桃腺 痛み 関係

扁桃腺の痛みと虫歯の関係とは

スポンサーリンク

虫歯ができても「痛みがないから」または「忙しいから後で行く」といって放置している人も多いのではないでしょうか。
また放置することで、扁桃腺やほかの病気に関係することを知らない人も多いと思います。
虫歯が原因で扁桃腺が腫れたり、痛んだりすることがあるので、その関係についてみていきます。

 

 

【虫歯の原因】
人間の口の中には、たくさんの細菌が潜んでいます。
その中の一つ「ミューダンス菌」という細菌が虫歯の原因となる張本人なのです。
ミューダンス菌は、食べ物に含まれる糖分や砂糖を好み活発に働き、白いネバネバした歯垢(プラーク)をつくります。
この歯垢の中には、ミューダンス菌をはじめたくさんの細菌が生息しており、歯を溶かす酸をつくります。
この酸によって歯の表面のエナメル質(リン酸カルシウムの結晶)を溶かし始めます。
つまり「歯質」、「細菌」、「糖質・砂糖」の三つの要因が重なりそこに一定の時間が加わって虫歯ができると言われています。

 

 

【病気との関係】
初期は、歯に穴は開いていない状態で、痛みはなく、自然修復できる段階です。
初期から少し進行すると歯の表面のエナメル質を溶かして小さな穴が開いた状態で痛みはありません。
次の段階でエナメル質の内側にある象牙質に達すると歯の神経に近いため飲食時に歯がしみるように痛みます。
さらに進行すると象牙質の奥の歯髄(歯の神経)に達し、激しい痛みが続き、それを放置し続けると、歯のほとんどが溶けた状態となり歯髄も死んでしまい痛みも軽減しますが、体内に入り込んだ細菌によって扁桃腺炎や心臓病、脳梗塞を引き起こすなど重大な病気と関係があります。

 

スポンサーリンク

【扁桃腺炎とは】
扁桃腺炎(扁桃炎)は、口蓋扁桃におきた炎症を指します。
急性と慢性があり、急性扁桃炎は口蓋睡(のどちんこ)の横にある口蓋扁桃が赤く腫れて痛くなったり、扁桃の表面が白色の斑点状の膿で覆われていたりします。
急性扁桃炎を年に3回から4回繰り返すと、慢性扁桃炎になります。

 

 

【扁桃腺と虫歯の関係】
虫歯はその進行度合いに合わせて、さまざまな病気と関係します。
歯の神経が炎症を起こし、細菌が顎の骨まで達すると骨髄炎となり、のどにもまわると扁桃腺の腫れや痛みを起こします。
また、体中に細菌がまわると全身にいろいろな症状が現れます。
そのほかに、虫歯の治療後に起こる扁桃腺の腫れと痛みがあります。
治療の際口をずっと開けたままで、バキュームで唾液を吸引し続けていると口の中が乾燥気味になります。
口腔を守る唾液が少なくなり、細菌に対する抵抗力がおちて、細菌に感染しやすくなるため発症します。

 

 

このように虫歯は、放置すると扁桃腺の病気ばかりでは無く、全身の病気まで関係する恐ろしい病気です。
くれぐれも何かいつもと違うと感じた時は、早期に歯医者へ行くようにしましょう。

スポンサーリンク