扁桃腺炎 症状 耳鳴り

ストレスや過労が原因で扁桃腺炎や耳鳴りの症状が出る場合がある

スポンサーリンク

扁桃腺炎と耳鳴りは、一見すると関係がないように思えますが、実は共通している部分があります。
それは、ストレスや過労が原因で発症するということです。
これらの症状が出たときの治療方法、対処方法などを紹介します。

 

 

【耳鳴りについて】
耳鳴りの原因の一つとしてストレスがあります。
人間は普段生活していると、特に意識をしていなくても心臓が動き、暑い場合は発汗して体温を下げるなど、恒常性維持のために様々な機能が働きます。
これらの働きはすべて、自律神経と呼ばれる神経によるものとされています。
この自律神経には、活動的なときに主に働く交感神経と、落ち着いている時に働く副交感神経の2種類があります。
しかし、ストレスによって交感神経のみが働き続けることで血流が増え、その状態が持続することで血流の異常につながり、結果として耳鳴りやめまい、頭痛などの症状が出る可能性があります。
また、耳鳴りが生じることでさらにストレスを感じ、症状が進行することもあります。
扁桃腺炎で扁桃腺を摘出したら耳鳴りの症状が出たという方もいるようです。

 

 

【軽減するためにどうするか】
耳鳴りがどのように起こるかについては、まだ多くが謎に包まれています。
そのため、検査をして原因を取り除いても、まだ耳鳴りが残る場合があります。
治療法としては、原因の除去とあわせて、症状を和らげる対症療法があります。
対症療法は主に、薬物による治療をおこないます。

 

スポンサーリンク

【扁桃腺炎について】
扁桃腺は、喉の奥に位置する左右の膨らみのことを指し、ウイルスなどを撃退する免疫機能の役目があります。
しかし、扁桃腺は外から侵入してくるウイルスなどと触れる機会が多いため、ウイルス感染を引き起こしやすく、炎症になりやすい部位です。
体が健康であれば免疫力で補うこともできますが、ストレスなどによって免疫力が減ることで、ウイルスなどが増えるのを抑えることができず、扁桃腺炎となります。
症状としては、扁桃腺の腫れや、食べ物を飲み込む時の喉の痛みなどが挙げられます。

 

 

【扁桃腺炎の対処方法】
扁桃腺炎になった場合の効果的な対処方法として、うがいがあります。
うがいによって口の中が殺菌され、喉を清潔に保つことができます。
また、免疫力を上げるために、バランスのとれた食事を摂ることも重要です。
特に、ビタミンCが効果があると言われています。

 

 

扁桃腺炎と耳鳴りについて理解していただけたでしょう。
予防として、十分に睡眠をとるなど生活習慣を改め、少しでもストレスをためないようにすることが重要です。
それでも症状が出た場合は、すぐに医者に相談すると良いでしょう。

スポンサーリンク