扁桃腺炎 症状 咳 鼻水 対処

扁桃腺炎と風邪の症状の違いとそれに伴う咳や鼻水などへの対処

スポンサーリンク

扁桃腺炎は、喉の痛みや鼻水から風邪のように思えるので、風邪とは違うと感じたときには症状が悪化していることがあります。
この病気はどのような症状が出てきて、どういった対処が必要になるのでしょうか。

 

 

【喉の痛み、鼻水など風邪と似た症状がある】
風邪の初期段階では、喉の痛みや鼻水が出たりなど、軽い症状から始まります。
それから咳が出てくる、鼻づまり、痰が出るなど段々と悪くなっていきます。
扁桃腺炎の初期段階でも、喉の痛みや鼻水が出たりなど風邪のような症状が出てきますが、喉が赤く腫れて食べ物を飲み込む時に痛みがあるというように通常とは違う喉の違和感が出てきます。

 

 

【風邪とは違うと感じてきたら病院へ行き対処を】
風邪では、ひき始めならたいしたことはないと判断し、体の状態に応じて喉の痛み止めや鼻水止め、あるいは風邪薬などの市販薬で対処して様子をみることが多いでしょう。
しかし、扁桃腺炎がさらに悪化して急性扁桃腺炎になると、寒気、倦怠感、頭痛、関節痛などの症状も出てきます。
発熱では38〜40度と高くなり、インフルエンザと似た症状になります。

 

 

扁桃腺炎の対処としては、耳鼻咽喉科もしくは内科へ行き、医師の診察を受け、抗生物質などの薬を処方してもらう方がよいでしょう。

 

スポンサーリンク

【扁桃腺の腫れによる喉の痛みと咳】
扁桃腺炎の特徴に、風邪の時よりも激しい喉の痛みがあります。
これは、扁桃が赤く腫れて炎症を起こすためで、唾を飲み込む時でさえ痛みを感じるようになります。
風邪と同様に、鼻水が喉を流れていき、痰と絡んで咳が出てくることがあります。
咳は、コホコホと乾いたような咳が出てきますが、ひどくなってくるとゴホゴホと痰を絡んだ咳が出てくるようになります。

 

 

喉の痛みやそれに伴う咳の症状がつらく苦しくなってきたら、早めに病院へ行き対処した方が良いでしょう。
扁桃腺の腫れや喉の痛みに効く市販薬は販売されていますが、あくまで病院へ受診するまでの一時的な対処としておきましょう。

 

 

扁桃腺炎は、喉が赤く腫れたり、食べ物を飲み込む時に喉に痛みが出てきます。
悪化して急性扁桃腺炎になると、寒気、倦怠感、頭痛、関節痛、咳、鼻水、高い発熱などの症状も出てきます。
対処としては、耳鼻咽喉科もしくは内科へ行き、医師の診察を受け、薬を処方してもらって安静を保つようにしましょう。

スポンサーリンク