扁桃腺炎 唾が飲み込めない 対処

扁桃腺炎で唾が飲み込めないときの対処法について

スポンサーリンク

扁桃腺炎という疾患をご存知でしょうか。
この扁桃腺炎は症状が重くなると、のどの痛みで唾が飲み込めないほどの症状を呈します。
では、この扁桃腺炎はいったいどのような原因でなるのでしょうか。
治療法や対処法などまとめていきます。

 

 

【扁桃腺炎とは】
そもそも扁桃腺とは、口腔内に存在し、免疫機能を担っています。
その扁桃腺が炎症を起こしてしまう事により扁桃腺炎となります。
原因としては、疲労などで身体の抵抗力が落ちている時に扁桃腺に付いた病原菌が繁殖してしまう事により炎症が起きます。

 

 

症状としては、風邪と良く似ており、のどの痛み、高熱、頭痛、全身の倦怠感などが挙げられます。
今回は、のどの痛みで唾が飲み込めない場合の対処法などをまとめていきます。

 

 

【のどが痛くて唾が飲み込めない時の対処法】
のどの痛みで唾が飲み込めない場合、どのような対処を取ればよいのでしょうか。
はじめに、マスクをするのがお勧めです。
乾燥によりのどの痛みはひどくなるので、マスクで乾燥を防止するなどの対処を取りましょう。
また、炎症止めの薬などを服薬するなどの対処を取ると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

【食品による対処法】
唾が飲み込めない程のどが痛むときお勧めの食品としては、炎症を抑える作用がある大根やはちみつが挙げられます。
反対に避けたほうが良い食品として、唐辛子やチョコレートなどが挙げられます。
これらの食品はのどに刺激を与えやすいので避けたほうが良いでしょう。

 

 

【予防法】
扁桃腺炎になり、唾が飲み込めない程のどが痛くなる前に、予防策をとり未然に防ぎましょう。
扁桃腺炎には、免疫力の低下が関係しているので、バランスの取れた食事や、手洗い、うがい、十分な睡眠など、生活習慣の改善を心がけるようにしましょう。
また、風邪が原因にもなるので、風邪を引いたらきちんと治療するようにしましょう。

 

 

扁桃腺炎は重症化すると、唾が飲み込めないほどののどの痛みを伴います。
そうなる前に、生活習慣を整えるなど、日ごろからの予防に努めましょう。
また、扁桃腺炎になってからも保湿などの対処をとるようにしましょう。

スポンサーリンク