扁桃腺炎 点滴 効果

扁桃腺炎で点滴にはどんな効果がある!?/薬・栄養・水分補給など

スポンサーリンク

扁桃腺というのは喉の入口にあります。
口の奥に位置しており、喉の入口の左右に存在しています。

 

大人の場合はどんどん退化していき、免疫機能は薄れていくと言われていますが子どもの場合には身体の免疫力が低いため、機能は高いと言われています。
しかし扁桃腺に細菌やウイルスが感染してしまうと炎症を起こします。これを扁桃腺炎と言います。

 

これは免疫力が低くなり感染しやすい状況が作られていると発症しやすくなります。
その際の治療で点滴にはどのような効果があるのでしょうか?
詳しくお話していきましょう。

 

 

【点滴とは…】
簡単に説明すると血管の中に直接水分や薬を流し込む治療方法です。
血管の中に管を固定して、薬が入っている袋を高い位置で固定し血管の中に流し込んでいきます。
基本的に腕の静脈を使用するのが一般的です。

 

【どんな時に使用するのか?】

 

・口から栄養を摂取できない、薬をのめない
・胃腸で吸収されるのが待っていられない状態

このような状況で使用されることが多いです。

スポンサーリンク

【扁桃腺炎に効果があるのか?】
扁桃腺炎の治療は原因菌を殺菌する、症状を和らげることが主な治療です。
細菌感染の場合には抗生剤を使用します。
点滴によって抗生剤を直接流し込むことによって吸収が早くなるという効果を期待します。

 

また、扁桃腺が腫れていると食べ物が飲み込みのくい状態になっている可能性もあります。
その際には同様に点滴で治療を行う場合もあります。

 

【一日に何回行う?】
症状の重さや人によっても異なります。
多くの場合には通院で1日1回行うのがほとんどです。
入院している場合には1日に2,3回行う場合もあります。

 

【点滴の効果】
主に3つの効果を期待することが出来ます。

 

・水分補給
・栄養補給
・薬剤投与

 

これらのことを行っていきます。

 

【まとめ】
扁桃腺炎で点滴を行うということは症状が進行している可能性もあります。
そのため抗生剤などを直接投与することによって即効性を期待することが出来ます。
点滴を受ける場合には医師の説明をよく聞いて行いましょう。

スポンサーリンク