扁桃腺炎 バファリン 効果

扁桃腺炎にはバファリンが効果ある!/喉の痛みに効く?

スポンサーリンク

扁桃腺炎になるとさまざまな症状が起こります。
喉の痛み、腫れ、発熱、倦怠感、頭痛、悪寒、関節痛、リンパの腫れなどがおこります。

 

扁桃腺炎にバファリンには効果があるのでしょうか?
今回はそこについてお話していきましょう。

 

 

【バファリンとは…】
頭痛にバファリンとCMで流れているように頭痛に効果があるというイメージだと思います。
バファリンAをはじめとするいろいろなシリーズが発売されています。
成分はその種類によっても異なります。

 

バファリンAの場合はアセチルサリチル酸(アスピリン)が主な成分になっています。
痛みを抑える鎮痛作用、体温を下げる解熱作用も期待することができます。
バファリンプレミアムの場合にはイブプロフェン、アセトアミノフェンによる解熱鎮痛作用、無水カフェイン、アリルイソプロピルアセチル尿素による鎮痛補助、乾燥水酸化アルミニウムゲルによる制酸成分が含まれています。

 

【扁桃腺炎に効果がある!?】
効果があるとも、ないとも考えることが出来ます。

スポンサーリンク

なぜならバファリンには細菌やウイルスを殺菌する作用は含まれていないからです。
扁桃腺炎の原因はウイルスや細菌によるものがほとんどです。
そのため根本的な治療となることはありません。

 

ただしイブプロフェンやアセトアミノフェンなどは鎮痛作用がありますので一時的な痛みを緩和する効果を期待することは出来ます。
あくまでも病院の営業時間外の深夜、どうしても病院に行けない場合の応急処置と考えて服用するのがいいかもしれません。

 

【飲み合わせには注意が必要】
どの薬にも言えることですが飲み合わせには注意が必要です。

 

・解熱鎮痛剤
・風邪薬
・鎮痛薬
・酔い止め

 

これらの薬と同時に服用する場合には注意が必要になります。
他にも持病を抱えている場合には薬剤師や医師に相談してから使用しましょう。

 

【飲み合わせを注意する飲み物】
バファリンシリーズには無水カフェインが含まれています。
そのためコーヒーとの飲みあわせはよくありません。
また漢方薬にも注意が必要です。
アルコールとの飲み合わせもよくありません。
薬の成分が強く出てしまい、副作用が強くなってしまうことがあります。

 

【まとめ】
扁桃腺炎にバファリンは一時的な鎮痛作用が期待できるということがわかったと思います。
細菌やウイルスを殺菌する根本的な治療にはなりません。

 

やはり病院で貰う薬が一番です。
セルフチェックによって安易に薬を服用することは危険となる場合もありますので注意しましょう。

スポンサーリンク