扁桃腺炎 治る 期間

扁桃腺炎の治る期間はどのくらい?/原因を知ることが大切

スポンサーリンク

扁桃腺炎は細菌やウイルスに感染することによって扁桃腺が炎症を起こす病気です。
主な症状は発熱、喉の痛みや腫れ、膿が付着する、倦怠感、悪寒などの症状が起こります。
基本的にはこのような病気です。

 

扁桃腺炎の治るまでの期間とはどのくらいなのでしょうか?
詳しく説明していきましょう。

 

 

【原因】
治るまでの期間を理解するためには原因をしっか理と把握しておく必要があります。
主な原因は大きく分けると2つです。

 

・ストレスや過労、不規則な生活などによる免疫力低下
・その他の病気によるもの

 

大きく分けるとこのようなことが原因となります。

 

「免疫力の低下」
風邪やインフルエンザなどに感染している場合だけでなくストレスや過労も原因となることがあります。
ストレスなどによって免疫力が低下していると身体の常在菌が繁殖してしまい炎症を起こすことがあります。

 

常在菌というのは黄色ブドウ球菌や肺炎球菌、レンサ球菌などを指します。
原因というよりはきっかけと言った方がわかりやすいかもしれません。

スポンサーリンク

「その他の病気」
風邪などの感染症というよりは根本的な病気が原因となっていることがあります。

・アレルギー
・自己免疫性疾患(バセドウ病、橋本病など)
・扁桃ガン
・睡眠時無呼吸症候群
・蓄膿症、後鼻漏

これらの病気が原因となって扁桃腺炎を発症することがあります。
その場合にはこれらの病気を治さなければなりません。

 

【治るまでの期間】
これらの原因をふまえた上で治るまでの期間というのは異なります。

・免疫力の低下による細菌感染…およそ1週間〜10日ほど
・その他病気…根本となる病気が治る期間に存ずる

 

このようなことが考えられます。

 

ただし慢性化してしまっている場合などには扁桃腺を切除する方法もあります。
その場合には手術を行います。
手術自体は難しいものではありません。そのため手術時間は20分ほどで終わりますが入院が必要となります。
この期間は1週間〜10日ほどになります。

 

【まとめ】
扁桃腺炎の治るまでの期間というのは症状が軽ければ2,3日で治る人もいれば、1週間かかる場合もあります。
原因によっても異なりますし、もちろん個人差も存在します。
重症化してしまうと肝機能に影響が出ることもありますのでしっかりと病院で治療を行いましょう。

スポンサーリンク