扁桃腺炎 効く 食べ物

扁桃腺炎に効く食べ物を紹介/食べにくい場合の対処法

スポンサーリンク

扁桃腺が腫れる原因というのはストレスによる免疫力の低下や喉の乾燥から細菌やウイルスに感染することによって起こります。
炎症が起こりますのでのどの痛みや発熱などが起こります。
このような状況を扁桃腺炎と呼んでいます。
治療は薬物治療が行われることがほとんどです。

 

扁桃腺炎に効く食べ物を紹介していきましょう。

 

 

【食べ物】

 

「大根」
大根おろしなどに含まれる成分が喉の炎症を抑える作用があります。
免疫力を向上させるとともに喉の痛みを緩和させる効果を期待できます。

 

「はちみつ」
はちみつには細菌などを殺菌する作用があると言われています。
また大根と同様に喉の炎症を抑える働きもありますので痛みを緩和させる作用も期待できます。
はちみつ大根のようにはちみつに大根を付けたものが良いでしょう。

 

「ビタミンB2が含まれるもの」

・卵、牛乳などの乳製品
・納豆、レバー
・ほうれん草などの緑黄色野菜

これらのものにビタミンB2が豊富に含まれています。

 

ビタミンB2には喉の粘膜を保護して傷ついた粘膜を再生する効果を期待できます。
ただしビタミンB2は水に溶けてしまいますので煮汁を使用する、生で食べるなどの調理方法で食べましょう。

スポンサーリンク

【喉の痛みが強くて飲み込めない場合】
扁桃腺炎になると扁桃腺が腫れています。
扁桃腺の位置は喉の入り口にありますので食べ物を飲み込む際にも痛みが増すことが多いです。
そのため飲み込みやすい食べ物を食べる必要があります。

 

「ヨーグルト」
人の免疫力は腸から来ると言われているほど胃腸の働きは重要です。
そのためヨーグルトや甘酒などによって善玉菌を補給しましょう。
ただし冷えすぎていると下痢などをしてしまいますので常温に戻してから食べるようにしましょう。

 

「ゼリー、プリン」
飲み込みにくい状況になってしまっている場合にはゼリーやプリンを食べましょう。
特に果物などのビタミン類を含んでいるものがオススメです。

 

「お粥」
病気の際の定番食品だと思います。
梅干しや卵などを入れると抗酸化作用や栄養を補うことも出来ます。

 

【まとめ】
扁桃腺炎にはこれらのものが効くと言われています。
固形のものを食べられるのであれば出来る限り栄養を補える食品が好ましいです。
しかし飲み込めない場合というのも大いに考えられます。

 

その際にはまずのど越しの良いものを選びましょう。
ドラッグストアなどでもさまざまなものが販売されています。
扁桃腺炎を発症したら食べ物からもしっかりと栄養を補給しましょう。

スポンサーリンク