扁桃腺炎 薬 効かない 原因

扁桃腺炎で薬が効かない原因/症状を緩和させることは出来る!

スポンサーリンク

扁桃腺炎を発症した場合には発熱、喉の痛みなどの症状に見舞われます。
その症状はとても辛く、喉の痛みもありますので食事の際にも痛みが増す傾向にあります。
そのためしっかりと治療をすることが大切です。

 

しかし薬が効かないということが実際にあります。
そこについて詳しくお話していきましょう。

 

 

【扁桃腺炎の治療方法】
基本的には原因となる細菌やウイルスを殺菌する治療が行われます。
細菌感染による場合には抗生物質を服用して治療を行います。
ウイルスに感染している場合は現在は特効薬は存在しません。
そのため対症療法となることがほとんどです。

 

【薬が効かない原因】
上述したように細菌による感染の場合には抗生物質によって治療を行っていきます。
多くの場合にはセファム系、ペニシリン系の薬を使用します。
ペニシリン系は特定のウイルスにも効果があると言われていますが、ウイルスの種類によっては効かない可能性もあります。
そのため服用したとしても効果が期待できない場合もあります。

スポンサーリンク

【菌にも耐性がつく!?】
細菌やウイルスは変異することが出来ます。
これはどういうことか簡単に説明すると薬の成分を無効化できる成分を作ってしまったり、そもそも体の構造を変えて効果をなくすということが可能になります。
このように薬を常用してしまうと菌が生き残るために進化してしまうことがあります。
普段から使用している場合には注意が必要です。

 

【市販薬も効かない!?】
市販の薬には抗生剤などに含まれている殺菌成分というのは含めることが出来ません。
そのため症状を緩和させることにすぎません。
ただし飲み薬に含まれている生薬には抗菌作用があると言われています。
根本的な治療を行わなければ完治は見込めませんので病院へ行きましょう。

 

【まとめ】
薬が効かない原因というのはこれらのことが考えられます。
市販のものに頼ることは症状が軽ければ良いですがお勧めすることは出来ません。
耐性菌が存在している場合には症状を緩和する治療を行うしかありません。
しっかりと病院で治療を受けましょう。

スポンサーリンク