扁桃炎 風邪薬 治る

扁桃炎は風邪薬で治る!?/「治りません」その答えとは!?

スポンサーリンク

扁桃腺というのはウイルスや細菌を身体の中に侵入させないように防いでいる器官です。
口の奥、喉の入口の左右に位置しており、免疫機能の一番最初の砦です。
しかし免疫力が上がった際にウイルスや細菌が増殖してしまうことがあります。

 

その場合に炎症が起こり、扁桃炎を発症します。
扁桃炎は風邪薬では治るのでしょうか!?

 

 

【答えはNO!】
先に答えを言ってしまうと治ることはありません。
ただし風邪薬の作用によって症状が緩和することはあるかもしれません。
では詳しく見ていきましょう。

 

【風邪薬の効果】
基本的に風邪薬の効果というのは症状を和らげることにすぎません。
なぜなら風邪のウイルスに効果のある薬というのは存在していないからです。
現在は一部のウイルスを除いてほとんどのウイルスを死滅させることのできる薬というのは開発されていません。

 

そのため風邪のウイルスを根本的に治療をすることはできないのが現状です。
風邪薬の効果というのはさまざまな作用がありますが症状を緩和するにとどまると覚えておきましょう。

スポンサーリンク

【扁桃腺炎に効くのか?】
扁桃炎の原因のほとんどは細菌やウイルスが原因で起きています。
上記を踏まえたうえで風邪薬には扁桃炎を根本的に治療をすることはできません。
しかし症状を和らげるという点においては期待できるかもしれません。
医師に相談して使用するということが大切です。

 

【では何が効果あるのか!?】
上述したようにウイルスに対する特効薬というのは存在しません。※インフルエンザやヘルペスウイルスなど一部を除く
細菌が原因の場合には抗生物質を使用することによって殺菌する期待が出来ます。

 

・ウイルスを死滅させる薬はない
・細菌には抗生物質

 

このように覚えておきましょう。

 

【まとめ】
ここで重要なことは病院で薬を処方してもらうということです。
風邪薬で治ると考えるのは避けましょう。
扁桃炎も重症化してしまうと扁桃腺周囲炎、扁桃腺周囲腫瘍などの病気になってしまうこともあります。
市販薬を使用することも危険となる場合もあります。
医師のもとでしっかりと治療を行いましょう。

スポンサーリンク