扁桃腺炎 喉の痛み 期間 緩和 方法

扁桃腺炎で喉の痛みの期間はどのくらい?/痛みを緩和させる方法

スポンサーリンク

扁桃腺は口の奥、喉の入口あたりにあります。
ここで細菌やウイルスが身体の中に侵入することを防いでくれています。
特に子どもの免疫機能としては重要な役割をしており、大人になると徐々に機能が弱くなっていくと言われています。

 

この扁桃腺がウイルスや細菌に感染し炎症が起こるものを扁桃腺炎と言います。
その症状は発熱や喉の痛み、倦怠感、頭痛、寒気などさまざまなです。
その治るまでの期間についてお話していきましょう。

 

 

【主な症状】
上述したように発熱、熱は38度〜40度ほどの高熱になる場合もあります。
他にも頭痛、倦怠感、関節痛、リンパの腫れ、寒気、白い膿などの症状が起こります。
また喉が腫れて痛むこともあります。
さらに食事や唾液を飲み込む際に痛みが増す傾向もあります。

 

このような症状が起こります。
しかし喉の痛みがひどい場合には扁桃腺周囲炎や扁桃腺周囲腫瘍などの病気へと進展してしまうこともありますので注意が必要です。
扁桃腺炎ではこのような症状に見舞われますので辛い状態となります。

スポンサーリンク

【治るまでの期間】
扁桃腺炎には急性と慢性のものがあります。
急性扁桃腺炎の場合にはおよそ1週間ほどで回復に向かうことがほとんどです。

 

ただし治るまでの期間は人によっても異なりますので詳しくは医師に確認を取りましょう。

 

慢性化してしまっている場合には治りにくい状態となってしまうことがあります。
またぶり返し、再発、繰り返すことがあります。
繰り返し起きている場合には期間が長くなることがあります。

 

【治療方法】
原因菌を根本的に治療する薬を服用することによって行っていきます。
細菌であれば抗生物質で行っていきますがウイルスの場合にはヘルペスウイルス以外に効果のある薬はありません。
そのため対症療法となることがほとんどです。

 

喉の痛みを緩和するためには喉を乾燥させないことが大切です。
加湿器によって湿度を上げましょう。
またマスによっても乾燥することを防ぐことが出来ます。
うがいをすることによっても一時的に痛みが緩和する場合もあります。

 

【まとめ】
扁桃腺炎で喉の痛みが起こる期間は人によっても異なります。
また種類によっても異なりますが急性の場合にはおよそ1週間ほどだと考えておきましょう。
それでもおさまらない場合には再度病院を受診しましょう。

スポンサーリンク