扁桃炎 咳 止まらない 対処 原因

扁桃炎で咳が止まらない!考えられる原因と対処方法

スポンサーリンク

扁桃腺炎になるとさまざまな症状が起こります。
発熱、喉の違和感、痛み、扁桃腺の腫れ、膿、吐き気、倦怠感などさまざまな症状に見舞われます。

 

その際に咳が同時に起こる場合もあります。
その場合の対処方法についてお話していきましょう。

 

 

【咳が起こる原因】
基本的に扁桃腺炎が原因で起こっているわけではないかもしれません。
なぜならそこまで多い症状ではありません。
咳が起こるメカニズムを理解しておく必要があります。

 

「咳が起こるメカニズム」
基本的には肺、気管、気管支に異常があると起こるのが咳です。
呼吸器系の器官にウイルスや細菌が増殖することによって起こる免疫反応(防御反応)です。
またアレルギーなどによっても起こる可能性がありますので一概に決めることは出来ませんが何らかの異常が起きていることは間違いありません。
異常が起こることによる防御反応となります。
考えられれる病気は風邪、気管支炎、喘息、肺炎、気道異物など、さまざまな病気を上げることが出来ます。

スポンサーリンク

「扁桃腺炎になるだけでは咳が起こらない!」
咳が止まらない場合に考えられることは扁桃腺炎を起こしている原因菌が呼吸器系にも異常を起こしていると考えることが出来ます。
もしくは他の原因が身体の中に侵入してきたとも考えることが出来ます。
要するに扁桃腺炎だけでなく、風邪などに感染してしまったとも言えます。

 

【対処・治療方法】
原因菌がはっきりしている場合には原因菌に効果のある薬を服用することによって治療を行っていきます。
抗ウイルス剤や抗生物質などです。
扁桃腺炎が治ったあとに咳が止まらないと感じる場合には喘息や慢性鼻炎、結核、肺がんなどの可能性もないわけではありません。
そのため病院へ行き医師に相談することが大切です。

 

【まとめ】
咳が止まらない場合というのはその期間によっても考えられる病気は異なります。
扁桃腺炎のように細菌やウイルスが原因となる場合には一過性のものであることがほとんどです。
止まらない場合は異常だと考えられますので早めに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク