扁桃腺炎 抗生物質 フロモックス 効果

扁桃腺炎の治療は抗生物質「フロモックス」驚くべき効果とは!?

スポンサーリンク

扁桃腺炎になると治療は薬物療法によって行うことがほとんどです。
これには原因となるものが深く関係してきます。
その原因というのはウイルスや細菌であることが多いです。

 

これらの原因菌が扁桃腺に増殖することによって炎症を起こします。
その原因菌というのはインフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、連結レンサ球菌、EBウイルス、RSウイルスなどが挙げられます。
このように人間に常駐している菌によって発症します。

 

しかしこれらの菌は常にいるのになぜ発症してしまうのでしょうか。

 

通常であれば扁桃腺は免疫機能の役割を果たしており、それらを撃退することができますが何らかの原因によって免疫力が低下してしまうときにこのようなことが起こります。
それはストレスや疲労、たばこ、アルコールなどの生活習慣の乱れなどによってきっかけとなると言われています。

 

そのためこのような原因菌が増殖してしまうということになるのです。
扁桃腺炎の治療方法は薬物治療によって行いますが比較的症状が軽い場合には解熱鎮痛剤によって行い経過を観察します。

スポンサーリンク

原因が細菌やウイルスによって発症したと考えられる場合には抗生物質が使用されます。
これは細菌を殺菌する効果がありますので服用することによって殺菌をするという治療方法です。

 

その一つにフロモックスと呼ばれる薬(抗生物質)があります。
この種類はセフェム系でさまざまな細菌に効果があります。

 

ただしウイルスが原因となっている場合には効果がないウイルスも存在します。
風邪などの病気の場合も処方されることはあります。
フロモックスは扁桃腺炎で使われることは多いです。

 

しかしほかの病気でフロモックスなどの抗生物質を使用していたり、ウイルスや細菌に耐性がついてしまっている場合などには効果が薄れてしまったり効かない場合もあります。
そのような場合には病院へ相談するようにしましょう。

 

フロモックスを服用する際には医師の指示に従い用法用量を守り服用することも大切です。
副作用もありますので注意しましょう。

スポンサーリンク