扁桃腺炎 いびき 関係 腫れ

扁桃腺炎でいびきが大きくなる理由/関係性は腫れにアリ

スポンサーリンク

扁桃腺炎になってしまった場合は発熱や喉の痛みなどの症状がでてしまい食べ物が喉を通るときにも痛みが出てしまうため、食事もままならない場合があります。
これは扁桃腺が炎症を起こしているため、腫れが影響しているためです。
他にも発熱、頭痛、倦怠感、寒気、リンパの腫れ、代表的な症状の扁桃腺に白い膿が付着するなどといった症状も出ます。
身体がだるくなってしまい仕事や学校を休むことになってしまうこともしばしばあります。
これはウイルスや細菌などが原因となって起こります。

 

扁桃腺炎を発症すると扁桃腺が腫れによって肥大化してしまうことがあります。
このような状況になるといびきがひどくなることもあります。
この肥大化した症状を扁桃腺肥大といいます。

 

いびきというのは空気の通り道である上気道が狭くなってしまうことによって起こります。
狭くなってしまうと空気が通るときに空気抵抗が大きくなりますので粘膜が振動することによって音が発生します。
このように扁桃腺肥大によって気道が狭まってしまうことによっていびきが出るというような関係性が考えられます。

スポンサーリンク

このように「いびき」というのは少なからず関係がありますので、この病気の場合は特に子供がかかりやすい病気ですので音が大きくなった、以前はいびきをかいていなかったのにかくようになったなどのことがある場合にはこの病気を疑ってもいいかもしれません。

 

その症状が呼吸をしにくいほどに腫れが出てしまっているようなら要注意です。
その場合には扁桃腺を切除する手術などを行う場合もあります。

 

大人の場合は扁桃腺は子供に比べると小さくなっています。
これは大人になっていくにつれて徐々に小さくなっていくためです。

 

扁桃腺炎の治療は抗生物質や解熱鎮痛剤を使用した治療がメインになります。
しかし慢性化してしまった場合には注意が必要で、腎炎、リウマチ熱などの合併症を伴う場合もありますので注意しましょう。

 

慢性化しないようにする為には自己判断で治療をやめないようにすることも大切です。
医師に決められた期間、用法用量を守って服用するようにしましょう。

スポンサーリンク