扁桃腺炎 首の痛み 原因 症状

扁桃腺炎の症状で「首の痛み」の原因/リンパ節が影響している??

スポンサーリンク

扁桃腺炎になるとさまざまな症状が起こります。
その症状というのは人によってさまざまですが多くの場合は喉の痛み、発熱、白い膿が付着する、倦怠感、寒気、頭痛、関節痛、リンパ節の腫れなどの症状が多いと言われています。

 

その原因は扁桃腺というのは喉に入ってきたウイルスや細菌を防ぐ役割を果たしていますのでそれらを防ぐのに活性化して炎症が起こります。
そのため防衛反応としてさまざまな症状が出るのです。

 

【扁桃腺炎で首の痛みというのはどのようなことが考えられるのでしょうか?】

 

首にはさまざまな神経や血管が集中していますので一概に扁桃腺が影響を及ぼしているとは言えないです。
しかし扁桃腺炎はリンパ節の腫れが出ることもありますのでリンパ節の痛みを首の痛みと勘違いしているということもあります。

 

リンパ節というのは免疫機能を果たしているものでウイルスや細菌から身体を守るために炎症を起こします。
その場所は首付近だと顎の下、耳の下、後頭部(首の後ろ側にある後部リンパ節)にあります。

スポンサーリンク

免疫機能の他には身体の老廃物や水分を身体の外に排出する機能を持っている重要な器官の一つです。
これは風邪などによっても腫れが起こることもありますので扁桃腺炎は風邪がきっかけとなって引き起こされる場合があります。
免疫機能が低下している際に風邪などのウイルスや細菌が扁桃腺に増殖することによって炎症を起こしますのでこのような症状が起こることが十分にあり得ます。

 

扁桃腺炎の治療方法は主に解熱鎮痛薬などによる薬物治療が主となります。
そのため医師へ相談すれば痛み止めなどを処方してくれますので首の痛みは緩和すると考えられます。
ウイルスや細菌が原因と考えられる場合は抗生物質を服用することによって根本的に原因菌を殺菌する治療も取られることがあります。

 

しかし首の痛みは重大な病気が隠れている場合があります。
そのため医師に相談して治療方法を考えてもらいましょう。

 

あらゆる病気で「早期発見」「早期治療」は非常に重要です。

スポンサーリンク