扁桃腺 痛い 熱はない 対処 方法

扁桃腺が腫れて喉が痛い…けど熱はない場合のおすすめ対処方法

スポンサーリンク

扁桃腺炎になる原因はウイルスや細菌などによって起こることが多いです。
その場合はストレスや過労、睡眠不足などの生活習慣の乱れや風邪、インフルエンザなどの病気がきっかけとなって免疫力が低下することによって発症します。

 

特に子供の場合は扁桃腺が免疫機能の大きな役割を扁桃腺がしていますので特に発症しやすいと言われています。
大人になるにつれてその機能はリンパ節にとってかわります。

 

その症状は喉が痛いという場合は多くあります。
食べ物や飲み物を飲み込む場合に痛みを伴うことも出てきます。
人によって症状はさまざまです。

 

熱はないということもあれば高熱が出る場合もありますし、頭痛や倦怠感、寒気、関節痛、リンパ節の腫れなどの症状を伴う場合もあります。
そしてこの病気には2種類あり、急性扁桃腺炎と慢性扁桃腺炎があります。

 

そしてその症状はほとんどが同じですが1年に数回繰り返すものを慢性扁桃腺炎と呼んでいます。
慢性化してしまった場合に症状が長引くことがあり、そのような場合には熱はないけど喉が痛いなどの症状が現れる場合があります。

スポンサーリンク

しかしその症状は個人差がありますのでやはり病院へ行くことが一番の対処方法です。

 

扁桃腺炎の場合の治療方法は薬物療法によることがほとんどです。
そこまで症状がひどくなければ解熱鎮痛剤で経過を見る場合もありますが抗生物質を使って細菌やウイルスを殺菌することもあります。

 

炎症が強い場合には点滴や注射を行うこともあります。
そのため対処法も人によって違うとも考えられますので一概にこうとは言えませんが医師の指示に指示に従うことが一番の対処だと思います。

 

喉が痛いだけで熱はないという場合には慢性化しているとも考えられますので慢性化してしまった場合には合併症の危険性なども出てきますので注意が必要です。
症状が悪化してしまった場合には扁桃腺を除去する手術を行う場合も出てきます。

 

そうなるまえに予防を行い、繰り返し扁桃腺炎にかからないようにすることも重要です。

スポンサーリンク