声の高さに喉仏の大きさや形状は関係するのか

声の高さに喉仏の大きさや形状は関係するのか

スポンサーリンク

 

男の子は声変わりの時期を迎えると、次第に喉仏が突出し始め、声の高さが低くなります。
果たして女性の喉仏の形状と声の高さは関係しているのか、とりわけ自身の声質が気になる方々にとっては見過ごせぬところでしょう。

 

 

【ポイントは大きさ】

 

自分自身の声に対するコンプレックスや願いをお持ちの方々は、潜在的に少なくありません。
「もっと高い声が出れば」あるいは「低い落ち着いた声で話せたら」など、多くのケースでは自身の原状と反対の声の高さを望む傾向が見られるかと思われます。
ここでポイントとなるのが自身の喉仏の大きさです。
男の子の場合、第二次成長期の声変わりの時期を境に、喉仏が発達して外から見て目立つ大きさとなり、幼少期の頃のようなハイトーンが出せなくなる変化も、この事実を裏付けています。

 

 

【楽器に置き換えて検証してみる】

 

たとえば金管楽器のトランペットとチューバを連想してみてください。
比較的コンパクトな前者は高い音が、大して大きな後者の音域は低く、容積の大小と音の高低に密接な関係性が確認出来ます。
これは私達の身体の器官である喉仏にも共通しており、大きければそれだけ発生時に大量の空気が移動振動するため、必然的に声の高さは低くなります。
大きさと地声の高さには、確かな関係性が存在しています。

 

スポンサーリンク

 

【声の高さの調整のメカニズム】

 

ここで注意すべきポイントとして、喉仏の大きさや形状が直接影響するのは、あくまで自然に発生した際の地声の高さであり、意識的にほり高い声や低い声が出せる音域に関しては、訓練次第で広げる事が可能である事実です。
地声が低くても高音域で歌唱出来る人もいれば、普段は比較的か細く高いj話し声の人が、適材適所で低く落ち着いた声で話す事が出来るのも、自身の声帯を思い通りにコントロールしているからに他なりません。

 

 

【形状と声の高さとの関係性】

 

喉j仏の形状もまた、個人差が顕著に見られます。
体積自体は特に大きくなく丸い形状もあれば、細長く大きく見える形状などさまざまです。
音の高さはより細い空間内を通過して発せられれば高くなり、細い形状であればか細く高く聞こえる声質に、反対に十分な空気移動であれば低く太い声質に聞こえます。
根本的な声質は喉仏の形状との関係性が否定出来ませんが、自己コントロールによって変化させる事は十分可能あり、その音域には当然個人差が見られます。

 

 

喉仏の大きさと形状は声の高さと密接な関係があり、体積が大きければ低音に、細く小さければ高音の傾向が見られます。
ただしあくまで地声との関係性であり、自己コントロールによって声色や音域を変化させる事は可能で、その幅には個人差が見られます。

 

スポンサーリンク