慢性扁桃腺炎 手術 入院 期間

慢性扁桃腺炎の手術を受ける場合の入院期間

スポンサーリンク

慢性扁桃腺炎で手術を受ける場合、どのくらいの期間、入院すればよいのか、気になるところでしょう。
その他、病院での生活に関すること等、皆様が気になるであろう事をご説明致します。

 

 

【慢性扁桃腺炎の手術】
扁桃腺炎を1年に4〜5回発症するなどということがあると、慢性扁桃腺炎となり、手術の対象になります。
そして、扁桃腺が病巣となって他の病気(腎炎、リウマチ様関節炎等の重い疾患)を引き起こしてしまう場合、また、睡眠時無呼吸や接食成長障害を引き起こしてしまう高度の扁桃腺肥大の場合もその対象となるようです。

 

 

【入院期間】
一般的に入院日数は慢性扁桃腺炎では7〜10日となっています。

 

 

この入院日数は術後の出血を考慮してのものです。
病院に寝泊まりしていた方が何か困ったときのケアが迅速にできるからでしょう。
しかし、最近では「日帰り手術」を行っている病院もあるようです。

 

スポンサーリンク

【あると便利な入院グッズ】
慢性扁桃腺炎の入院期間に、あると便利なものをご紹介いたします。
ご参考になさって下さい。

 

 

まずは、耳栓です。
病室にいる期間、同室の人のイビキで眠れないということがある場合、役に立ちます。
次に、手鏡やコンパクトミラーです。
口の中の様子を見るのには最適でしょう。
100円ショップで手に入る物で充分です。
それから、マスクも活躍するでしょう。
何しろ、病院内は乾燥しますから、マスクで喉を守りましょう。
他にも人それぞれに必要なものがあるでしょう。
入院体験者の話も聞いてみましょう。

 

 

【手術後の痛み】
慢性扁桃腺炎の手術後の痛みは人にもよりますが、しばらくは喉が痛いようです。
あまりに痛みが激しいようでしたら、入院期間中は看護師さんに相談してみましょう。

 

 

痛みの緩和のためには固いものを食べないようにする、女性の場合は痛みが重ならないように生理日を考慮した手術日を考える等、工夫が必要なようです。

 

 

慢性扁桃腺炎の手術を受けた際の入院期間は一般的に7〜10日です。
この期間にしっかりと身体を休めて、元気になりましょう。

スポンサーリンク