慢性扁桃炎 口臭 関係

慢性扁桃炎と口臭の関係を探ってみよう

スポンサーリンク

慢性扁桃炎で口臭がひどくなってしまう場合があります。
口臭とどのような関係があるのでしょうか。

 

 

【慢性扁桃腺炎と口臭】
慢性扁桃炎の関係で口の臭いがひどいと言う場合があります。
慢性扁桃炎と関係あるのでしょうか、

 

慢性扁桃炎は扁桃炎が繰り返される状態です。
扁桃炎になると、扁桃腺に付着する膿、喉の奥にできる白い塊の膿栓が口臭の毛原因となり得るようです。

 

 

【膿と膿栓】
扁桃炎のときにできてしまう膿と膿栓について、少々ご説明致します。

 

 

膿は扁桃炎等で細菌感染で炎症が起きて出来てしまう白い塊が膿です。
一方、膿栓は喉の奥でウイルスや細菌と扁桃組織が戦かった残骸で別名「臭い玉」と言われるように臭いにおいがします。
こういったものが扁桃炎の際の口臭に関係深いようです。

 

スポンサーリンク

【膿や膿栓以外の口臭の原因】
膿や膿栓以外にも口のにおいの原因に関係あるのは口呼吸です。
口呼吸はお口のにおいを招いてしまうようです。

 

 

アレルギー性鼻炎が慢性化している場合、口呼吸になってしまうことがあります。
特に扁桃炎になってしまうと、鼻炎の調子も悪くなる可能性がありますから尚更でしょう。
それに元々、口呼吸をしていると扁桃炎にもなりやすくなってしまいますから、耳鼻科に行って鼻炎が緩和されるお薬をもらって、鼻の通りをよくしましょう。
こういったことは普段の生活から気を付けたいものです。

 

 

【口臭対策】
口のにおい対策はうがいが良いようです。
うがい薬やアルカリイオン水でうがいすると膿や膿栓の予防や除去に関係します。
慢性扁桃炎でなくても、こういったことはお役に立つでしょう。

 

 

それでも良くならなかったり、気になってたまらないのであれば、耳鼻科で相談しましょう。
歯医者さんも気になる口臭の相談に乗ってくれるようです。

 

 

慢性扁桃炎と口のにおいの関係はお分かり頂けたでしょうか。
慢性扁桃炎になると膿や膿栓がのどの奥にできてしまい、口臭に関係してしまうのです。
対策としてはうがい、お医者様に相談して膿栓を取り除いてもらうなど、手立てはありますので、あきらめずにトライしてみましょう。

スポンサーリンク