慢性扁桃炎 原因 ストレス 対処

慢性扁桃炎の原因の一つであるストレスの対処法

スポンサーリンク

慢性扁桃炎の原因の一つとされているストレス対処法をご提案します。
ストレスは現代社会には付きものですが、病気になってしまっては大変ですから、何とか取り除けるように考えましょう。

 

 

【慢性扁桃炎の原因はストレス】
慢性扁桃炎は扁桃炎が繰り返されてしまう病気です。
扁桃炎は風邪やインフルエンザといったウイルスや細菌が喉の中に入って扁桃腺を攻撃してしまうのが原因ですが、意外や意外、ストレスも原因の一つなのです。

 

 

なぜ、それが原因かといいますと、心のもやもやは免疫力を低下させますから、ウイルスの攻撃を防げなくなってしまうのです。
その結果、扁桃腺が腫れ、扁桃炎を引き起こしてしまうと言うわけです。

 

 

【ストレスとはどんなもの】
ストレスとは外部からの様々な刺激で心にダメージを受けることを言います。
そういった刺激により、体調を崩してしまい、慢性扁桃炎になる場合もあるのです。

 

 

現代はストレス社会と言われています。
会社から受けるものもあれば、家庭で受ける場合もあるでしょう。
現代人は、こういったものと常に戦っているかのでしょう。

 

スポンサーリンク

【ストレス軽減のために対処できること】
では、対処法を考えましょう。
少しでも心のダメージが軽減されるためにはどんなことができるか、考えてみましょう。

 

 

まずは人間関係があります。
職場、学校、家庭でもあるでしょう。
たとえば、職場の人間関係であれば、仕事に差し支えない程度に苦手な人を避けましょう。
学校でも同様です。
家庭では家族ですから、嫌なことがあれば話しましょう。
話せないような環境でしたら、そのことを考えずに趣味などに没頭しましょう。
考えすぎると心が疲れてしまいます。
また、何でも話せるような友人を持ったり、日記を書いたりして心を整理する等、自分なりの解消法を考えて対処しましょう。

 

 

【扁桃炎になってしまった時の対処】
それでも、病気になってしまうことはあります。
喉が痛い、熱っぽい等で扁桃腺が腫れているかもしれないと思ったら、すぐに病院に行きましょう。

 

 

耳鼻咽喉科でも内科でもいいでしょう。
早めに治すためにはお医者様に見てもらうのが一番ですし、見てもらう事で病気になったことを気に病むような気持は楽になるでしょう。

 

 

心がもやもやしたり、落ち込みが激しかったりすると、それが原因となり、免疫力が落ち、慢性扁桃炎になりやすくなります。
慢性扁桃炎は侮れない病気ですから、病院に行くなどしてきちんと対処することで、早めに治しましょう。
それと同時に心が乱れる原因を取り除いたり、そのことに関わらないでいられるような対処法を考えましょう。
対処しだいで、ずいぶんと心が軽くなりますから、そうなることで慢性扁桃炎も良くなるはずです。
病は気からとは、この事でしょう。

スポンサーリンク