扁桃腺炎 痛み止め 効かない 原因

扁桃腺炎で痛み止めが効かない原因/菌が耐性を持つ可能性がある

スポンサーリンク

扁桃腺炎の症状は喉の痛み、白い膿が付着する、発熱、倦怠感、頭痛、リンパ節の腫れ、関節痛などさまざまな症状が現れます。
その原因となるのは人に常駐している菌が原因となることもあります。
インフルエンザ菌、溶血レンサ球菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などの常駐菌が原因となって起こることも多いです。

 

通常、扁桃腺というのは身体の中にこれらの菌やウイルスなどが侵入するのを防ぐ役割を持っています。
しかしストレスや疲労、飲み過ぎ、たばこ、睡眠不足などの生活習慣の乱れや風邪、インフルエンザなどの病気によって免疫力が低下することによって発症します。
これらの菌が増殖してしまうことによって炎症を起こしさまざまな症状が出てしまいます。

 

【扁桃腺炎で痛み止めを服用しても効かない場合はどのようなことが考えられるのでしょうか?】

 

病院へ行くと抗生剤を処方されると思いますが原因になっているウイルスが抗生剤では効果が見込めない場合です。
抗生剤というのは幅広いウイルスや細菌に対して効果があります。
一般的な風邪ウイルスなどには効果が期待できます。

スポンサーリンク

しかしインフルエンザウイルスが原因となっている場合には通常の抗生物質では効かない場合もあります。
他には菌がすでに薬に対しての耐性を持ってしまっている場合には効果がないことがあります。

 

市販の薬を服用している場合には殺菌効果が入っていなければ効果がない場合もありますので注意が必要です。
ただうがい薬や塗り薬には抗菌成分は入っていれば効果が期待できるものもありますが扁桃腺炎の原因菌によっても変わりますので同様に注意が必要です。

 

このように痛み止めや処方箋が効かないという状態は多くありません。
抗生剤を使用してダメなら抗菌剤や抗ウイルス剤などを使用するといった感じで薬は病院が調整してくれると思いますが原因菌を特定することも大切です。

 

しかし検査結果が出るまでには時間がかかることもあります。
扁桃腺炎は症状が風邪と似ているために病院へ行くのが遅れがちですのでちょっとでもおかしいと感じた場合には早めに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク