喉 ポリープ 悪性 良性 違い 見分け方

喉ポリープ悪性良性の違いと見分け方

スポンサーリンク

喉にできたポリープが悪性か良性かの違いや見分け方はどのようになっているのか、気になるところです。
探ってみましょう。

 

 

【良性の喉のポリープとは】
喉にできたポリープは声帯ポリープとも言われ、良性のものです。

 

 

多くは声をよく使う人(芸能人、アナウンサー、歌手、教師、保育士等)がなりやすいもので、声を酷使するため声帯の粘膜に炎症が起こり、それを放置したまま、声を出し続けていると粘膜の下に血腫ができてしまいます。
この段階で声をだすことを控えると治るのですが、声を出し続けているとポリープ(声帯の振動部分に出来るふくらみ)になってしまうのです。
ポリープは悪性化はしません。
つまり、がんとは違います。

 

 

【悪性の喉のポリープとは】
喉のポリープは悪性化することはありません。
喉の症状で悪性化というと、多くの場合、声のかすれという初期症状が似ている咽頭がんの可能性があります。

 

 

咽頭がんは男性に多く、過度の喫煙、飲酒が影響しているのではないかと言われています。
咽頭がんはどんどん大きくなり、呼吸困難を起こす可能性がありますし、痰に血が混じるなどの症状もでてくるようです。

 

スポンサーリンク

【良性と悪性の違いと見分け方】
ポリープは良性でそれ自体は転移しませんし、初期段階では自然治癒もあり得るものです。
声の出し過ぎが原因ですから、それを押さえるだけでもずいぶん違うものです。
それに比べ、悪性となるとそれは咽頭がんですが、どちらも声のかすれという症状があるので分かりにくいですが、咽頭がんの原因は喫煙、飲酒で男性の発生率が高いようですから、違いはそこでしょう。

 

その見分け方は間接咽頭鏡やファイバースコープを用いて患部を見ればわかるようです。
ただ、まれに良性のものに似た形の悪性のものであるがんもあるようですが、その場合の見分け方は病理組織検査に頼るようです。
こういった見分け方はベテランの医師が見ればすぐにわかりますから、医師の判断に委ねましょう。

 

 

【声のかすれに要注意】
ご説明致しました通り、声がかすれで治らないと言う状況が2週間くらい続きましたら、病院に行きましょう。
お近くの耳鼻咽喉科でも良いでしょう。

 

 

良性のものかもしれませんし、それとは違い悪性であるとしたら、咽頭がんの可能性もあります。
しかし、早期発見早期治療でがんは治る時代ですから、大きな医療機関を紹介してもらうとがんとの見分け方が徹底していますから、早急にその違いがわかるでしょう。
早めに良質な治療を受けることをお勧めいたします。

 

 

喉に違和感を感じましたら、良性のものか、良くないものかわからない腫瘍に似たものが身体の中にできている可能性があります。
でも、今の医学は発展していますから、その違いや見分け方も病院の方で徹底して取り組んでくれるでしょう。
早めに医療機関に掛かって悪いところを治しましょう。

スポンサーリンク