声帯ポリープ 喉頭癌 違い 関係

喉の病気・声帯ポリープと喉頭癌の関係や違い

スポンサーリンク

ポリープと聞くと、大腸ポリープなどから癌化するんじゃないかという不安を持つ人が多いのではないでしょうか。
喉に発生する癌ですと喉頭癌がありますが、声帯ポリープと喉頭癌の関係や違いはどういったものがあり、実際に関係の深い病であるのかどうか説明します。

 

 

【癌化しないポリープ】
まずそもそも、声帯ポリープは癌化する事はありません。
両者に関係は特になく、発生する場所が近似であるという事が関係性といえる程度です。
声帯ポリープにはポリープという名こそ付いていますが、「腫瘍」ではなく、良性の「腫瘤」です。
炎症性の物なので、初期状態で安静にしてさえいれば、本来切除などしなくても自己治癒するような類の物です。
しかし、声帯ポリープと違い、喉頭癌はその名の通り、悪性腫瘍である癌です。
ポリープはそれほど大きくはなりませんが、癌は際限なく大きくなるため呼吸困難などの危険を伴う大変危険なものです。

 

 

【初期症状に違いが無い】
声帯ポリープも喉頭癌も初期症状に違いはなく、声の掠れである事が多く初期段階では本人には気付きにくい物です。
経験を積んでいる医師であれば関節喉頭鏡や喉頭ファイバースコープ等を用いた患部の直接視認で判断することが出来るようです。
ですが、稀に声帯ポリープに酷似した見た目の喉頭癌があるようで、そうした場合しばらく安静にした後、変化がなければ患部の一部を切除して組織片を病理検査にかけて判断します。

 

スポンサーリンク

【男女比の偏り】
原因としては、声帯ポリープは喉の酷使が原因となりやすく、喉頭癌は喫煙や飲酒が原因となることが多いようです。
男女比も喉頭癌は大きく偏っており、10対1と患者のほとんどが男性となっています。
声帯ポリープが癌化することないポリープである事や、こうした違いを羅列していくと、両者の関係がまるでない病であるという事がよく分かると思います。
関係があるように思えるのは大腸ポリープに代表されるようなポリープは癌化するというイメージと、発生する患部が近似している事、初期症状の共通点の所為でしょう。
違いとしてはやはり、命の危険の有無が大きいです。

 

 

一見似ているように思える両者の病ですが、実際には関係などもなく、片方は命の危険すらあるような危険な病でした。
初期症状に違いもないため、声帯ポリープかな、と思って放置していたら実は喉頭癌だったなんて事もありますので、違和感を感じたら早めに医師に相談するようにしてください。

スポンサーリンク