声帯ポリープ 手術 入院 期間 費用

声帯ポリープの手術や入院に掛かる費用と期間

スポンサーリンク

声帯ポリープが出来てしまい手術や入院する事になってしまった場合、掛かる費用や入院の期間はどの程度になるのでしょうか。
病院によって特に期間について差異がありますが、概ねこれくらい、というような指針があればなんとなく安心はできるでしょう。

 

 

【手術費用】
声帯ポリープが出来てしまった場合、それが軽度のものであれば投薬と自宅療養で完治させる事もあります。
ですが、切除しなくてはならない、または切除する事を患者が強く希望した場合は入院して切除手術を行うことになります。
施術については全身麻酔で行われます。
それから切除にあたるのですが、時間的にはそれほど掛からずに終わるようです。
費用は保険適応されるので3割負担となり、声帯ポリープ切除術で大体1万少し、全身麻酔に2万弱ほどのようです。

 

 

【入院費用と期間】
声帯ポリープ切除術後は声を出さないように生活する事になります。
入院する場合の期間は2泊3日〜4泊5日程度に設定されている医院が多いです。
声帯ポリープ切除後2週間ほどの期間は煙草を吸わないように言われますので、喫煙者の方は注意してください。
都市部では手術前日からで良いという所が多いですが、場所によっては手術2日前からとなる場合もあります。
肝心の費用の方は入院で8〜10万ほど掛かります。

 

スポンサーリンク

【手術後の生活】
期間の短い入院とは言え、それには高額の費用が掛かります。
ですが、声帯ポリープの切除手術は日帰りで行われる事もあるのでその場合でしたら、入院費用まで支払えないとお悩みの方も安心できるでしょう。
ただし、術後1〜2週間ほどの期間は極力声を出さないように生活しなくてはならないので、そうした注意事項は必ず確認し守って生活してください。
折角手術を受けて声帯ポリープを切除しても、術後に指示を守らず喋ったり煙草を吸っていると、手術前よりも声質が悪化する事もあるようなのでこれは必ず守りましょう。

 

 

声帯は繊細な器官であまりに酷使すると傷ついてしまいます。
治療後も過度な酷使はせず、酷使した際にはしっかりとケアをする事で再発を防ぐ事もできるでしょう。
入院の費用は大変な物ですが、期間の短い場所にしたり、当日に帰れるような医院を選べばそれほどの出費とならずに治療できる事でしょう。

スポンサーリンク