リンパ 腫れ 癌 しこり 違い 見分け方

リンパ節の腫れやしこりと癌の違い・見分け方

スポンサーリンク

リンパ節は感染症の拡大から自身の身を守るための防御反応として腫れてしまう事があります。
そうしたしこりと癌の違いや見分け方を知っておけばしこりを見つけた時に慌てずに対処できます。

 

 

【リンパ節とは】
人の体の中にはリンパ管という物が張り巡らされていて、リンパ液という物を流しています。
これはウイルス等の細菌と戦ったり老廃物の処理をするものなのですが、こうした管の節目に当たる場所がリンパ節と呼ばれています。
炎症はそうした節目がウイルス等の感染症によって引き起こされるものです。
これらの節目には感染が全身に広がらないように食い止める役割があり、特に頸部の節目が重要な働きをしています。

 

 

【リンパ節の腫れやしこり】
主な節目は耳の下、鎖骨周り、腋、腹部、脚の付け根、膝にあります。
炎症の症状で最もポピュラーなのが、急性リンパ節炎で感染した場所近くの節目が急に腫れて、指で押さえるとしこりがあるのが分かります。
また、痛みも伴います。
癌などと違い原因となっている菌に対しての抗生物質等があれば、服用しながらの対処療法となりますが、ウイルス性ですと薬がないことが多いようで長引きます。
他の炎症も細かな症状の違いはありますが、同様に腫れやしこりが出来、触れたり抑えると痛みがあります。

 

スポンサーリンク

【悪性リンパ腫】
単なる炎症と違い節目に出来る癌の事で、管が全身に広がっていることから分かるように、放っておけば次第に全身に転移してしまいます。
37℃程度の軽い発熱が何日間も続いたり、体の疲れが取れず倦怠感が付きまとい、貧血が起きるといった症状が見られます。
癌が全身に転移してしまえば当然命に関わりますので、早めの対処が肝心となります。
こちらも腫れなどを伴うため見分け方を知っていても見分けるのは難しいでしょう。

 

 

【炎症と癌その見分け方】
炎症と癌にはいくつかの違いがあるので、それを元に見分け方を考えましょう。
炎症の腫れやしこりは殆どの物が触れたり押したりすると痛みを伴いますが、それが癌による腫れやしこりでは痛みを伴わないことが殆どです。
これのみを基準に見分けるには少し頼りないです。
他の違いとしては、炎症は1cm前後の大きさですが、癌となると3cmを超えるものもあります。
この二つの違いと見分け方がありますが、大きなしこりがあった場合はすぐに病院へ向かう方が良いでしょう。

 

 

また、これらの見分け方はあくまでも指針でしかありません。
見分け方を知っていたとしてもそれを過信しすぎる事は危険ですので、体調に不安があるという方は早めの医療施設での診察をお勧めします。

スポンサーリンク