リンパ 腫れ 病院 何科 受診

リンパの腫れは病院の何科を受診すればいい?

スポンサーリンク

リンパの腫れで病院に行く場合、何科を受診すればいいか、迷うところです。
ひとまず、どうすればよいか、考えてみましょう。

 

 

【リンパの腫れの症状】
リンパの腫れとはどんな症状でしょうか。
例を挙げてみましょう。

 

 

こういった腫れは身体の中の防御作用(ウイルスやばい菌からリンパが体を守っているのです。
)ですから、何かウイルスが入り込んでいる可能性があるのです。
リンパの腫れはリンパ節炎といい、頸部(首)、脇の下、そけい部が腫れていたり、さわると痛いと言った感じです。
考えられる原因は細菌やウイルスの感染があります。

 

 

【どんな時に病院に行くか】
どのくらいの腫れで病院に行けばよいのか、考えてみましょう。

 

 

症状が2〜3日で治まれば、特に受診しなくても良いのですが、治まらないと言う場合は受診した方が良いとされています。
大きな病気が潜んでいる可能性があるからです。
症状が長期化となると原因が特定できないリンパ節炎、悪性腫瘍、白血病といった病気も考えられなくもないようですから、医師の判断が必要なのです。

 

スポンサーリンク

【何科を受診すべきか】
では、病院の何科を受診すべきかと言いますと、あらゆる可能性を秘めていますから、ひと先ずは内科が良いでしょう。

 

 

総合病院に行けば、検査の結果次第で耳鼻科等にも案内してくれますから、総合病院の内科を受けておけば、間違いないです。
こういったリンパ節の病気はいろいろありますから、お医者様の判断を仰いだ方が無難です。

 

 

【家でできる予防策】
家出できるリンパの腫れの予防策としては、基本的ですが、栄養のあるものを食べ、よく眠り、無理はせず、ストレスを溜めこまない、38度から40度のお風呂にゆっくり入る(人によってはこれがストレス解消策だという事もあります。
)、軽い運動をする、体を冷やさないように夏でも冷たいものばかり食べたり飲んだりしないようにする等でしょう。

 

 

また、冬になれば、インフルエンザ等に感染して首などの腫れになる場合もありますから、受験生等は特に気を付けて予防注射を打つ等した方が良いかもしれません。

 

 

頸部などの痛みが続き、病院に行く場合は何科を受診すればいいか、迷いますが、ひとまずは内科です。
総合病院であれば、その症状によって何科に行けばよいかもその場でお医者様が判断して下さるでしょう。
このように何科に受診か迷ったら、内科と覚えておくと、他の症状で何科を受診すればよいか迷う時にも応用できます。
迷ったら、内科に行きましょう。

スポンサーリンク