リンパの腫れ ロキソニン 効果 副作用

リンパの腫れにロキソニンを使う効果と副作用

スポンサーリンク

リンパが腫れて痛い原因は何か、その際にロキソニンを飲むと効果ありか、副作用はどうかなど、わかりやすくお伝えいたします。

 

 

【リンパの腫れの原因】
リンパが腫れて痛いと言った場合、どんな原因が考えられるかといいますと、細菌感染、急性ウイルス感染症、流行性耳下腺炎、結核菌感染、菊池病、しこり肉芽腫、リンパ浮腫、むくみ等があります。

 

 

中にはすぐに病院に行った方が良いと言うものもありますので、注意が必要です。

 

 

【リンパの腫れと病気の関係】
風邪が原因のリンパの腫れというものが多いようです。
これは一時的に細菌がリンパ液に入り込むとリンパ節で抗体が反応し、腫れを起こします。
こういた場合、抗生物質で様子を見ると言ったことになるでしょう。
痛みが激しい場合、痛み止めとして鎮痛剤であるロキソニンを服用することもあります。

 

 

耳のあたりの腫れ、痛みであれば、外耳炎か中耳炎かもしれません。
首であれば風邪、悪性リンパ腫、風邪が疑われます。
悪性リンパ腫や喉頭がんの場合。
末期に連れて痛くなるようです。

 

スポンサーリンク

【リンパの腫れにロキソニン服用の効果】
リンパの腫れで痛くて我慢できない時にロキソニンを服用することがあります。
その効果について、お話しいたします。

 

 

ロキソニンはリンパの腫れの場合、痛みを和らげるという効果があります。
というのも、非ステロイド系の解熱鎮痛消炎剤というグループの代表とも言える薬だからです。
効くまでにかかる時間は人によって違いますが、大体15分から60分と言われています。
そして、効果ありとされる持続時間は平均7時間だそうです。

 

 

【ロキソニンの注意と副作用】
ここで、ロキソニン服用の注意と副作用について、ご説明いたします。
まず注意ですが、リンパの腫れの際、2回以上服用するならば4〜6時間はあけるようにしましょう。
これは血中の濃度によるものです。
短い時間に連用しますと、体内に薬成分が蓄積され、体に良くないでしょう。

 

 

次に、副作用についてですが、次のような成功が出ることがありますのでご注意ください。
体温の極端な低下、脱力感を感じる、手足の極端な冷え等です。
また、処方薬として病院で処方された場合の副作用ですが、胃の不快感、腹痛、悪心、嘔吐、食欲低下、下痢、浮腫、むくみ、発疹、蕁麻疹、かゆみ、眠気、肝機能の低下等があります。

 

 

ロキソニンの効果、副作用はおわかりいただけたでしょうか。
非ステロイド系の解熱鎮痛消炎剤は痛みの緩和に非常にス触れた効果を発揮して便利ですから、服用される方は多いでしょうが、その裏には副作用があるということをお忘れないようにしてお使いください。
効果、副作用を念頭にお使い頂けた方が何かにつけ、安心でしょう。
リンパは腫れて痛い際も、ここにある効果、副作用を考慮の上、お使いください。

スポンサーリンク