リンパ 腫れ 抗生物質 効かない 原因 対処

リンパの腫れに抗生物質が効かない原因は?対処方法は?

スポンサーリンク

リンパの腫れを抑えるために、抗生物質を飲むという方も少なくありません。
ですが、その抗生物質が効かないという場合、何らかの原因がある可能性がありますので、一度ケア方法を見直してみることをおすすめします。

 

 

【リンパの腫れに抗生物質が効かない事も多い】
リンパの腫れがおきたときに、抗生物質を処方されて飲んでいるものの、全く薬が効かないで困っているという方も少なくありません。
基本的に抗生物質で対処できるようなタイプのリンパの腫れであれば、抗生物質を飲んで数日間で、腫れが綺麗に収まっている事がほとんどです。
ですが数日経っても全く効かないとなると、その原因は、ウイルス性の者では無いと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【ストレスが原因でリンパの腫れを起こしている場合は効かない】
抗生物質が効かない場合、リンパの腫れがおきている原因はずばり、ストレスによるものと考えられます。
ストレスが蓄積することで、免疫力がダウンして、リンパの腫れを引き起こしてしまうことは少なくありません。
こちらが原因の場合は、どんなに薬を飲んでも効かなくて当然ですので、とにかくゆっくりと休んで、メンタルを安定させる事が一番の対処法と言えるでしょう。
【即効性を求めるなら、患部を冷やす対処法を】
とにかくすぐにでも状態をよくしたいのであれば、患部を冷やすという対処方法もおすすめです。
保冷剤などで直接リンパを冷やすことで、腫れが収まり、痛みも軽減していくと言えるでしょう。
ですが、あくまで一時的な方法ですので、とにかく根本的な部分を治さないことには、治ることは無いという事をしっかり頭に入れて置いて下さい。

 

 

リンパは非常にデリケートな部分ですので、原因に合わせた適切な対処方法を行なわないと、どんどん悪化してしまう可能性があります。
抗生物質が効かないタイプの場合は、ストレスが原因である可能性が非常に高いですので、対処方法を見直して、まずはストレスを発散させることが出来るように、対処方法を取り入れることが大切です。

スポンサーリンク