扁桃腺炎 腹痛 子供

子供が扁桃腺炎で腹痛になってしまった原因/対処方法

スポンサーリンク

扁桃腺とは喉の手間の左と右側にある器官で現在は扁桃と呼ばれています。
これは常在菌と言われる多くの人が持っている菌によって発症します。
その菌とはブドウ球菌、溶連菌、肺炎球菌などがあり、他にもウイルスなどによっても発症します。

 

このウイルスや細菌は通常では口から侵入することが多いのですが、入ってきた際にこれら病原菌の侵入を防いでくれているのが扁桃腺です。
口や鼻から呼吸したりすると喉を通過しますのでその際に扁桃性に付着して取り除きます。

 

その際になんらかの原因によって免疫力が低下している場合に炎症を起こします。
ストレス、飲み過ぎ、睡眠不足などの生活習慣の乱れや風邪、インフルエンザなどのことがきっかけとなって免疫力が低下してしまうことによって通常であれば殺菌できる菌が増殖してしまい炎症などの症状を引き起こします。

 

これが扁桃腺炎です。

 

ただしこの病気は免疫力の低い子供に多く見られる病気です。
大人になってからの扁桃腺というのはそこまで重要ではなく、むしろ子供のころに大きな役割を果たしていると言ってもいいでしょう。

スポンサーリンク

特に5歳〜7歳くらいは免疫力も弱いため注意が必要です。
大人の場合は免疫機能はリンパ節の役割が大きくなってきます。

 

「では腹痛の症状が出ることはあるのでしょうか」

 

インフルエンザ菌、溶血性レンサ球菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などの菌が悪影響を及ぼしている場合にはそのような症状が出ることは少なからずあります。
これらの菌は普段から人間の喉や皮膚に常駐している菌ですのでいつでも発症する可能性はあります。

 

腹痛のほかにも発熱、頭痛、喉の痛み、倦怠感、寒気、白い膿が喉に付着するなどの症状がありますので注意しましょう。
特に子供は大人に比べて身体が十分に発達していないため、症状は悪化しやすいですので注意してあげましょう。

 

また脱水症状にも陥りやすいので無理しない範囲で水分補給を行うようにしましょう。
おかしいと感じた場合には早めに病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク