扁桃腺炎 頭痛 吐き気 症状 治療

扁桃腺炎の症状で頭痛と吐き気が起こる原因と治療方法

スポンサーリンク

扁桃腺というのは喉の免疫機能の役割をしています。
そのため細菌やウイルスを身体の中に侵入するのを防ぐ働きをしてくれています。
何らかの原因により免疫機能が低下してしまうことによって細菌やウイルスが増殖することによって活性化して炎症を起こします。

 

要するに細菌やウイルスを撃退しようとしてくれます。
これを扁桃腺炎と言います。

 

そのきっかけとなるのがストレスや風邪、インフルエンザ、寝不足などの生活習慣の乱れなどさまざまなことがきっかけとなって免疫力が低下することによって発症します。
細菌やウイルスの種類はインフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、溶連菌、EBウイルスやRSウイルスなどに感染することが原因です。
どこにでも存在する菌、皮膚などの常在菌からも発症する可能性はあります。

 

では扁桃腺炎の症状で頭痛や吐き気を伴う場合もあるのでしょうか?
症状についてお話していきましょう。

 

初期段階としては喉に違和感や痛み、特に食べ物や飲み物を飲み込む際に痛みが生じると言われています。
他には発熱、寒気、倦怠感、関節痛、リンパ節の腫れなどがあります。
初期症状は風邪と非常に似ていると言われており、悪化しないと気付かない場合も多くあります。

スポンサーリンク

その際に頭痛や吐き気を伴う場合はあります。
悪心を感じることもあり、時には嘔吐などの症状を伴うこともあります。
症状が悪化していくと高熱や喉に白黄色の膿が広範囲に付着します。

 

これは身体の中で細菌やウイルスから守る防衛反応としてこのような症状が出ます。
扁桃腺炎には2種類あり、上記のようなものは急性扁桃腺炎になり、これを1年に数回再発するものを慢性扁桃腺炎と呼んでいます。
その場合には高熱にはならず頭痛のみといったことも少なからずあるようです。
しかし症状に大きな違いはありません。

 

ただ慢性化してしまうと合併症の危険性が出てきますので注意が必要です。
関節リウマチ、腎炎などの病気を併発する恐れがあります。
急性は抗生物質を服用することによって細菌を殺菌し炎症を鎮められるのですが慢性は効かないと言われています。

 

そのため急性扁桃腺炎の際に治療を途中で自己判断によって中止しないことも大切です。
医師の指示に従い、完治させましょう。

スポンサーリンク