喉の痛み 血の混じった痰 原因

喉の痛みと血の混じった痰が出る原因とは

スポンサーリンク

喉の痛みだけならば風邪のひとつの症状として考えることもできますが、血の混じった痰まで出てきてしまうと重篤な何かを考えてしまい、不安も大きくなるものです。
そのような際には何を疑い、何が原因なのかをあらかじめ覚えておきましょう。

 

 

【口から血が出てくる恐怖】
ドラマや映画などで重篤な病にかかったことを象徴するシーンとして、咳をしたタイミングで吐血するというものがあります。

 

 

このような印象が強いために口から血が出てくるとその衝撃は大きなものがあるはずです。
場合によってはその瞬間にパニックになってしまう人もいます。

 

 

しかしながら、吐血と言われるようなレベルならば慌てるのも仕方ありませんが、喉の痛みがあるときに血の混じった痰が出たという程度のことであれば、まずは冷静にその原因と向き合い、原因を解決させていくことを考えておくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

【どこから出た血なのか】
血の混じった痰が生じたと言っても、そもそもその血がどこから出血したものなのかが大きなポイントです。
肺などから出血した血が出てきているというのであれば問題ですが、じつを言えば喉から血が出ている場合も多いのです。

 

 

そのため、もしも直近で喉の痛みがあるのであれば、このパターンの可能性が高いため、喉の痛みが原因となって血の混じった痰が生じていると考えておくことも大切です。

 

 

【血の混じった痰の原因は何なのか】
なぜこのようなことになるのかと言えば、その原因も様々なのですが、ひとつの原因として考えられるのが喉の痛みから生じた咳によって喉が傷つけられ、血の混じった痰が生じてしまうというものです。

 

 

喉の痛みがあるときの咳が少しであればまだしも、それが何度も続くようなことがあり、尚且つ激しいものになってしまうと、結果として喉が傷つき血の混じった痰がでてしまうこともあるのです。

 

 

もちろん、素人判断で安心するだけではなく、きちんと医師の診断を受けることも重要です。

 

 

喉の痛みが進化し、血の混じった淡などが生じてしまった場合、それはかなり進行している状況と言えるかもしれません。
そこまで進行しているならば、原因となっていることも含めて完璧に治療しておくことが重要です。

スポンサーリンク