喉が痛い 病院 何科

喉が痛いとき病院は何科に行くべきか

スポンサーリンク

喉が痛いと思ったとき、病院に行くことを考えるかと思います。
このとき、いったい何科に行けば良いのか戸惑うことはないでしょうか。
病院にいざ行ってみたら担当が違うと言われることがあるかもしれません。
そうならないように、喉が痛いときに知っておくべきところは知っておきましょう。

 

 

【何科に行くべきなのか】
喉が痛いとなった場合、最初に風邪を疑うでしょう。
そうなると内科に行くかと思われます。
鼻風邪の場合、上気道の炎症が起こるのですが、このときは加湿器、鎮痛剤、トローチなどが力になってくれます。
それ以外にも、うがいやマスクなどの対処方法があります。
ちなみに、風邪が悪化したら、鼻腔から細菌やウイルスがやってきて、それに感染することで結膜炎が発症するケースがあります。
この場合は内科だけではなくて、眼科の受診も必要になります。

 

スポンサーリンク

【しこりがあったら何科に行くべきなのか】
喉が痛いときにしこりがある場合ですが、耳鼻咽喉科がある病院での受診をお勧めします。
頚部、つまりは耳の下やあごの下にしこりのような症状が見られる場合にはリンパが腫れている可能性があります。
これは、ウイルスや細菌がリンパ節に感染している可能性がありますから、それこそ気をつけなければなりません。
リンパの腫れは、時に大きな病気である可能性もありますから、きちんと診断は受けるべきです。
このとき、抗生物質を処方されますから服用することになります。

 

 

【耳の奥が痛い場合の病院選び】
喉が痛いとき、もしも耳の奥が痛いというのであれば、病院は耳鼻科に行きましょう。
何科であるかと言う前に、耳ならば耳鼻科です。
このとき、耳の奥は中耳炎を疑います。
中耳には膿が出ることもあり、症状が軽ければ抗生物質の投与、重ければ鼓膜の切開から膿の摘出が行われるのです。

 

 

こうしたように、単純に喉が痛いと言っても、それに伴う症状によって、何科の病院の何科に行くかどうかが決まってくるのです。
喉が痛いとき、どこに行けば良いかわからないという場合、何科の病院に行くときの参考にしてみて欲しいです。

スポンサーリンク