扁桃腺炎 悪化 症状

扁桃腺炎の症状を放置して、悪化してしまったらどうなる?

スポンサーリンク

のどの奥が赤く腫れ、白っぽい膿ができることもある扁桃腺炎は、罹ってしまうと高熱や酷いのどの痛みで飲食もできないほど苦しい思いをする病気です。
しかし、病院に行かないで我慢をし続けていると症状が悪化し、より酷くなってしまうこともあります。
扁桃腺炎が悪化するとどうなるのか、紹介します。

 

 

【扁桃腺炎の症状って?】
風邪や疲労などで免疫力が落ちていると扁桃についている常在菌や侵入してきたウイルスが増殖し、それに体が戦うために炎症が起きます。
扁桃腺炎になるとのどの奥にある扁桃が赤く腫れあがり、白っぽい膿が点々と表面に浮かび上がります。
初期症状は軽いのどの痛みなど風邪に似ていますが、進むにつれてのどの奥の激しい痛みと、38度を超える高熱、倦怠感や頭痛などが生じます。

 

 

治療には原因となっている病原体を殺すことが必要なため、細菌による炎症であれば抗生物質を服用し、ウイルスが原因の場合は症状に合わせて対処療法が取られます。

 

 

【扁桃腺炎の症状が悪化したら】
扁桃腺炎の症状が出ていても、放置して悪化してしまったらより厄介な病気へと進んでしまいます。
放置することで病原菌が増殖を続けると、扁桃部分だけでなくその周辺まで炎症が及び、扁桃周囲炎(へんとうしゅういえん)や扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅういのうよう)になる可能性があります。

 

スポンサーリンク

【扁桃周囲炎や扁桃周囲膿瘍とは?】
扁桃周囲炎は、名前の通り扁桃だけでなくその周囲まで炎症が広がった状態です。
そして更に悪化した症状が扁桃周囲膿瘍ですが、ここまで来るとのどの痛みが激しくなり唾を飲み込むことも困難になります。
また、耳に響くような痛みや口を開けることが困難になるといった症状も現れます。
これは大量の膿が扁桃粘膜の中に溜まることで起き、ここまで来ると外科的な処置で膿を外に出さなければいけません。
多くの場合は入院をして、注射器を使って膿を取り出したり、それでも出ない場合には切開する必要があります。

 

 

扁桃腺炎は悪化させるとより体に悪い扁桃周囲炎や扁桃周囲膿瘍へと進んでしまいます。
痛みが強くなるだけでなく、治療も長引き時間や治療費もかかってきます。
扁桃腺炎の疑いがあったら悪化する前に早めに病院へ行き治療を行いましょう。

スポンサーリンク