扁桃腺炎 うがい 効果

扁桃腺炎の予防にうがいは効果的?

スポンサーリンク

風邪のひき始めや、ちょっと体がだるいかなと思った時、のどの痛みを感じていたら注意が必要です。
のどの奥にある扁桃腺が炎症を起こす、扁桃腺炎になると食べ物がのどを通らないほどの痛みや高熱を発症することがあります。
扁桃腺炎を予防するにはどうすればいいのか、手軽にできる方法を紹介します。

 

 

【扁桃腺炎の予防にうがいは効果的?】
風邪やインフルエンザの予防の定番であるうがいは、実は扁桃腺炎の予防にも大きな効果があります。
その理由は、扁桃腺の炎症を起こす原因が扁桃の周辺にいる溶連菌やブドウ球菌といった常在菌や、ウイルスによるためです。
扁桃には免疫細胞が多く集まっており、健康な状態であれば侵入してきた病原体を撃退してくれる役割を果たしています。
しかし風邪や体力が衰えている時には、反対に扁桃の表面にある穴の中にいた常在菌や侵入してきたウイルスによって攻撃を受けてしまいます。
そのため、風邪などの病気の予防と同様にうがいは扁桃腺炎の予防にも効果を発揮します。

 

スポンサーリンク

【効果のあるうがいの方法は?】
扁桃腺炎予防にうがいが効果的な理由は上記の通りですが、市販のうがい薬を利用する際には使用方法を守るように注意しましょう。
濃いほうがよく効くような気がしますが、うがい薬の殺菌力によって必要な菌まで殺してしまい、かえって効果がなくなってしまうこともあります。
うがい薬を利用する際には、決められた用量・用法を守って使うようにしましょう。

 

 

【その他の扁桃腺炎の予防法は?】
その他にも扁桃腺炎を予防する方法に、のどを乾燥や病原体の侵入から守るためにマスクを着用することが挙げられます。
通常のマスクでも良いですが、濡れマスクを利用すると効果的です。
のどの痛みを感じるようになったら外出時だけでなく、室内にいる時や就寝時に着けて寝るのもお勧めです。
その他、のど飴でのどを潤すのも良いでしょう。

 

 

うがいは日常生活の中でも風邪やインフルエンザの予防にも役立つので習慣化しておくと良いでしょう。
しかし、予防をしても病気に罹ってしまうことはあります。
もし扁桃腺炎に罹ったら、悪化してしまうと入院が必要になってくるケースもあるため、できるだけ早く病院で診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク